MOBAC SHOW 2015 に出展しました。

2015 MOBAC SHOW(国際製パン製菓関連産業展)

2015年2月18日(水)~2月21日(土)の4日間、千葉・幕張メッセ会場にて第24回国際製パン製菓関連産業展(モバックショウ)が開催されました。
このイベントは2年に一度東京と大阪で交互に開催される製パン製菓産業に必要なあらゆる機械・設備・器具、原材料、資材等が一堂に公開展示されるビジネスショウで、当社も例年出展しています。

今回の参加企業は286社(前回大阪:234社)で、海外よりは直接ないし、国内メーカー、商社、代理店等を通じて、17か国より延べ128社が出品、今後国際展としての色合いが強まっていくことが予想されます。
来場者数については、2月の寒気とスタート時の天候不良で出足がそがれたこと、また中国の春節と会期が重なり、中国・台湾をはじめとする中華圏からの海外来場者の減少も相俟って、会期中の総来場者数35,331名(海外912名)は前回大阪開催時(総数41,559名、内海外1,677名)を下回る結果となりましたが、商談や情報収集を目的とした熱心な国内外のユーザー・バイヤーが多数詰めかけ、各展示ブースでは連日熱気のこもった商談・情報交換が行われました。(以上はMOBAC事務局報告資料より引用)

mobac_01

イシハラブースでは、展示については例年と同様、当社主力商品のアーモンド(チコナッツ社、スチュアート&ジャスパー社)、クルミ(クレイン社)、クランベリー(アトカ社)の輸入原料に加え、自社加工品「ふわっと芳醇アーモンドプードル」他の展示を行いましたが、今回は特にブースのレイアウトから展示デコレーションに力を入れ、「イシハラ」ブランドと各商品アピールの強化を図りました。
また試供品として用意した当社加工のアーモンドプードルを使ったダックワーズ、ATOKAクランベリーを使ったパイも大好評でお客様とのコミュニケーションに一役を買いました。

mobac_02

 

 

また今回はさいたま市の当社異物選別所の作業現場をブースに再現し、熟練作業者によるクルミの異物選別作業のデモンストレーションを実施し、来場者 に大変 に注目して頂くとともに、事前また事後の業界紙上でも記事として取り上げて頂くなど、安心・安全にこだわる当社の特色を多くの方々にアピールすることがで きました。

 

モバックショウの期間中、当社ブースを訪れて頂きました皆様には深く御礼申し上げますとともに、このイベントでの出会いを機に取引を始めさせて頂きました多くの方々にはこれからも精一杯の対応をさせて頂きますので、よろしくお願い申し上げます。

また本ニュースをご覧になり、当社商品に興味をお持ちになられた方々におかれましては、是非当社までお問い合わせご連絡を頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 

mobac_03

フィリピン レイテ島復興支援に協力

弊社はお菓子の原材料を輸入し卸販売をしています。その中にココナッツがあり、主にフィリピンから輸入しています。
2013年11月に強い台風がフィリピンのレイテ島を襲い、甚大な被害をもたらしました。
ココナッツの原材料である椰子の木も被害を受け、原材料の不足による品不足、価格高騰が生じ、現在もまだ回復には至っておりません。

 

現地では、椰子の木を筆頭にした多くの木々が倒れ、一般の居住区から道路、畑まで転がっており、また、頭の部分が飛ばされた椰子の木が数多くあり、そのままだといずれは腐り、倒れることが予想され、これらの処理に住民が悩まされているとのことです。

 

その復興支援をしているNPO団体Visayas Response Team を知り、是非協力をしたいと申し出ました。
この団体では「チェーンソープロジェクト」を実施しており、チェーンソーを寄贈し、これらの木々を撤去し、材木として壊れた住居や建物を修理するということを目的にしています。

そこで、私どもは、この団体を通じチェーンソー2台を寄贈することにいたしました。

 
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寄贈したチェーンソー

寄贈先の村は、タクロバン市から約50キロ離れた場所にあるアバンゴ村です。

この村は椰子の木で生計を立てており、椰子の実を収穫、乾燥させたものを販売、また椰子酒「Tuba」の有名な生産地でもあるそうです。台風により、多くの家や建物が被害にあい、多くの椰子の木が倒れ、農地や道路が被害を受け、村の産業に打撃を与えているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
チェーンソ-の引渡し式
 
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
椰子の木が倒されたアバンゴ村
 6月15日にチェーンソーの引き渡し式が行われ、NPOの方が、私どもの代理で出席して下さいました。

村での使用終了後は他の被災地にも貸し出され、復興支援に貢献することになっています。
弊社の寄贈が、少しでも復興のお役に立てることを願っております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
村長のダルナイラ氏(左から二人目)と
NPO代表の佐藤氏(右から二人目) 
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
弊社へ送られた感謝状
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
村会議員との記念撮影