製菓材料 株式会社イシハラ

原材料基礎講座 クルミ

クルミの生産工程~栽培から出荷~

 


 

栽 培 『苗木を植えてから収穫可能な成木に育つまで6~8年の歳月が必要です。
 栽培農家の人々の丁寧なケアにより、クルミの木は100年間も実を結びます。』
 walnut-img01
 
収 穫 『収穫は8月下旬から11月下旬までです
ツリーシェーカーという機械で木を揺らし、大量に落ちたクルミを収穫機で集め、外皮を取り除く為にハラー(皮取り機)に運びます』
walnut-img02
 
外皮除去・洗浄 『ハラー(皮取り機)を使い、湿潤方式によって外皮を除去します』  
 
乾 燥 『洗浄し、外皮を除去したクルミは、水分含有量が8%になるまで空気乾燥されます』  
 
格付け(選別) 『クルミは殻付きのままで仕分けして格付けされます。 殻付き自体を選別することにより、殻付き用、むき身用、それぞれに最適なクルミが分けられます』  
 
保 管 『全てのクルミは殻剥き前にサイロ、または 冷蔵庫にて保管されます』 walnut-img03
 
むき身 『鮮度を保つ為、受注後に殻を剥きます』  
 
殻剥き  
 
選別(大きさ) 『ふるいで選別』  
 
異物除去 『吸引機で殻の破片などを除去』  
 
選別(色) 『手作業とレーザー選別により、品質チェックを行い、色選別も機械で行います』  
 
検 査 『熟練した検査技術師の手作業によって顧客の要望に応える品質と米国農務省(USDA)の規格に合致しているかを検査します』  
 
箱(袋)詰め 『出荷用の箱(または袋)に詰めます』  
 
保 管 『品質を最良の状態に保つ為、外気、臭気を避けながら最適な温度・湿度で冷蔵庫に保管されます』 (温度2~4℃、湿度55~63%Rh)  
 
輸出手続  
 
輸入手続  
 
イシハラ(品質管理)  
 
イシハラ(保管)  
 
受 注  
 
加 工 『ロースト、キャラメルコート加工』  
 
出 荷  
 
お客さま  
資料提供:カリフォルニアくるみ協会

 

クルミ農場紹介ビデオをご用意しております。⇒⇒
尚、トップページにもございますので、ご覧ください。
※リンク切れ

 


 

オメガ3脂肪酸

クルミは他のナッツに比べて、オメガ3脂肪酸が大変多いナッツです。

オメガ3脂肪酸の効果
・脳の正常な機能に必要不可欠
・心臓のリズムを整える
・血圧を下げる
・細胞の再生とコラーゲンの生成を促進
・アレルギー反応を抑え、アトピー性皮膚炎の改善

大変大切なオメガ3脂肪酸ですが、体内では生成できない必須脂肪酸です。
体のためにも、積極的にクルミを摂取しましょう!

walnut

Walnutクルミ

クルミに含まれる主な栄養成分

オメガ3系脂肪酸・リノール酸・α一リノレン酸・オレイン酸

 クルミの栄養価は、70%近い脂質の組成に注目します。
 特に必須脂肪酸のリノール酸とα一リノレン酸およぴ一価不飽和のオレイン酸の含量か高く、かつ、リノール酸(n-6系)とα一リノレン酸(n-3系)のバランスか絶妙です。
 すなわち、n-6/n-3=:4.6でほぼ理想的といえます。
 また、他の植物性たんぱく質に比べてアミノ酸組成のバランスもよく良質です。更に、ビタミン、ミネラル、食物繊維が程よく含まれていますので、いわば、現代人に不足しがちな栄養素をバランスよく凝集したヘルシー食品といえます。
 クルミは、高級感があり和菓子、洋菓子、パンや各種料理の副材料として広範囲に利用されますが、テーブルナッツとしてワインやウィスキーを飲みながらの味覚もまた格別なものがあります。

■主な成分(100gあたり)

参考:日本食品標準成分表

  • エネルギー(Kcal)
  • 674
  • 食物繊維(g)
  • 7.5
  • カリウム(mg)
  • 鉄分(mg)
  • たんぱく質(g)
  • 14.6
  • 灰分(g)
  • カルシウム(mg)
  • 85
  • 亜鉛(mg)
  • 3.6
  • 脂質(g)
  • 68.8
  • 水分(g)
  • マグネシウム(mg)
  • 150
  • 銅(mg)
  • 糖質(g)
  • ナトリウム(mg)
  • リン(mg)
  • 280
  • ビタミンE(mg)
  • 2.6

1日のおすすめ摂取量 約10粒

-印は未測定