製菓材料 株式会社イシハラ

原材料基礎講座 フィグ

カリフォルニアはアメリカのいちじくの主産地です。サンワーキン渓谷の熱く乾燥した夏と、雨量の多い冬はいちじくの生産に最も適しています。
いちじくは長年にわたり実がなり、又木自体も大きくなるので間隔をあけて植えてあります。
いちじくはその芳香だけでなく、果実の成熟過程もユニークです。
驚くべき事に、いちじくは枝に花を咲かせずに、反対に果実の内側に開花します。
いちじくの果実は、6月から8月の下旬にかけて成長し、 8月下旬から9月上旬にかけて熟します。
収穫期が近づくといちじくの木の下はきれいに整えられます。熟して半乾燥したいちじくは地面に落下し収穫機で集められ水洗いされた後、トレイに乗せて乾燥させます。

 


 

現在輸入が認められていますのは、カルミルナ・フィグとミッション・フィグです。

 

fig-img01
カルミルナ・フィグ

fig-img02
カルミルナ・フィグ生産量単位トン
fig-img03
ミッション・フィグ
fig-img04
ミッション・フィグ生産量単位トン

 


 

フィグは特にカルシウム・カリウム・食物繊維が他のフルーツと比べると下記のように優れています。

 

fig-img05

 

fig

Figフィグ(黒いちじく)

フィグ(黒いちじく)に含まれる主な栄養成分

食物繊維・鉄・カルシウム・カリウム

 フィグは最も古くから食されていた果物で、アダムとイブの最初の衣服がいちじくの葉っぱと伝えられるくらい以前から人間の食料とされてきました。
 ドライいちじくは果皮や種子を丸ごとドライにするのでダイレクトに食物繊維や鉄分などの栄養成分をあまりなく摂取できます。
 そのまま食べていただいても、ロールケーキに加えていただいても美味しく頂けます!

■主な成分(100gあたり)

参考:日本食品標準成分表

  • エネルギー(Kcal)
  • 271
  • 食物繊維(g)
  • 9.9
  • カリウム(mg)
  • 1100
  • 鉄分(mg)
  • 1.9
  • たんぱく質(g)
  • 3.8
  • 灰分(g)
  • 3.2
  • カルシウム(mg)
  • 170
  • 亜鉛(mg)
  • 0.6
  • 脂質(g)
  • 0.6
  • 水分(g)
  • 22
  • マグネシウム(mg)
  • 62
  • 銅(mg)
  • 0.37
  • 糖質(g)
  • 66
  • ナトリウム(mg)
  • 12
  • リン(mg)
  • 100
  • ビタミンE(mg)

1日のおすすめ摂取量 約1個

-印は未測定